育毛剤はいつやめればいいの?

育毛剤はいつやめればいいのか?

育毛剤はいつやめればいいのか?

Q:育毛剤はいつやめればいいのか。

A:結論は死ぬまで(育毛をやめるまで)やり続ける。
 
 

なぜ?

コレは世の薄毛、抜け毛の片は永遠の課題でしょう。

まず、育毛剤の効果があった人はまだいいでしょう!

育毛剤の効果が無かった人なんていつやめるではなく「いつ生える?」です!

 

毛髪には「毛周期」というサイクルがあり、成長期、退行期、休止期と循環することで、

古い髪の毛は抜け落ち、新しい髪の毛がまた生えてきます。

ところが様々な理由により、毛母細胞の機能が低下し成長期が短縮すると髪は十分に成長できず、

また休止期の占める割合が増加することになり、薄毛状態となるのです。

加齢によっても細胞の活性は低下するため、若い頃に比べて髪の毛のボリュームが落ちるのは誰しも自然なことなんです。

AGA(男性型脱毛症)はDHTという物質が原因で起きる脱毛症は年齢をとっていくにつれどんどん進行していきます。

年齢を重ねれば重ねるほど、育毛剤は必要になってきます。

育毛剤だけではなく、頭皮のマッサージ、サプリを摂取するなどもっともっと努力しなければならないのです。

 

脱毛の解明はまだ完璧ではないが、年々科学的に分かってきたことが多い。

技術はすごいスピードで進化し、最新の育毛剤には科学的な裏付けがあり、効果が期待できるものばかりです。

毛周期の制御メカニズムはまだ解明されていない点が多く、さらなる遺伝子レベルでの解析で

今後近い将来科学的に解明されたときに、手遅れの状態にならないようしっかり続ける必要があります。

きっと画期的な育毛薬が開発されます! 未来と自分の髪を信じて。

 

  DHT(ジヒドロテストステロン)とは
  薄毛、抜け毛を引き起こす強力な男性ホルモンのこと。
   薄毛、抜け毛の原因は男性ホルモンが関係していることはご存知だと思います。
   最近おでこが広くなった気がする貴方はDHTにより、
   薄毛・抜け毛が進行しています。そのまま放っておくと、その勢いはどんどん加速し
   手遅れになるかもしれません。

DHT(ジヒドロテストステロン)はなぜ薄毛、抜け毛を引き起こすのか?

  DHT(ジヒドロテストステロン)とは
  男性ホルモンのTH(テストステロン)が5αリダクターゼ(Ⅱ型)
  という還元酵素によって変換されて生成される強力な男性ホルモンです。
   DTH(テストステロン)には以下のような作用があります。
   ・生殖器の増大
   ・性欲の増加
   ・精子生成量の増加
   ・骨格・筋肉の成長
   ・やる気、行動力の増進
   THからDHTに変化するととても悪い作用に変わってしまいます。
   DHT(ジヒドロテストステロン)の性質
   ・薄毛
   ・体毛の増加
   ・精力の減退
   ・前立腺が肥大
   足の毛や胸毛が濃くなっているのに、おでこが広いパターンなどは
   DHTの作用のせいなんです。
   ひどい作用に変わってしましますね。

 この変化を引き起こす原因が、「還元酵素「5αリダクターゼ(Ⅱ型)」なんです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です